【黒ずみクリーム/効果】デリケートゾーンを無色化する選び方

黒ずみが出来てしまったら肌の無色化、つまり美白ケアが大切ですね。ただし、間違った選び方をしてしまうとあなたの黒ずみは更に悪化してしまうかもしれません。

ここでは効果を実感できる正しいクリームの選び方や、生活習慣を変えれば効果が最短で感じられる方法をご紹介します。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】3つのポイントを選んだ理由

  1. 黒ずみに悩んでいる人が見落とさないでほしいポイントは美白有効成分が使われているかどうかです。
    メラニン生成や排出を促すトラネキサム酸は美白ケアにとても適しています。
  2. 添加物の少ないクリームは肌トラブルも防いでくれますよ。
    植物由来成分は敏感肌の人にも使えます。アレルギーが少ないのもおすすめポイントのひとつです。
  3. 有効成分グリチルリチン酸は肌の炎症や荒れを抑えてくれます。
    肌荒れが収まっている状態の皮膚はクリームの効果を最短で実感することができます。

 

【黒ずみクリーム/効果】美白には医薬部外品を選ぼう。化粧品との違いは?

美白ケアクリームを選ぶポイントで重要なことがあります。

それは主成分が「医薬部外品」であることです。間違っても「化粧品」を選ばないことです。

医薬部外品は厚労省から効能・効果を認められているものです。

例えばこのサイトに良く出てくる名前ですが、「トラネキサム酸」。

具体例を出すと肝斑でできたシミへの改善効果が認められています。

「化粧品」は効果をうたってはいけません。「肌を健やかに保つ」「キレイな肌を目指す」などといったあいまいな表現しかできません。

効果が全くない!のではなく、厚労省で許可されている医薬部外品よりも効能がもっと緩やかになる…というイメージです。

 

黒ずみクリーム/美白の妨げメラニンと紫外線吸収剤について

顔のシミや日焼け、VIOライン、肘膝の黒ずみなど、美白の妨げには必ずメラニンが関わっています。

メラニン色素は常に作られ私達のお肌の色を作り紫外線からお肌を守る役割もしているのです。

メラニン色素は常に作られていてもお肌の新陳代謝によって古い角質はどんどん新しい肌へ生まれ変わっています。

しかし強い紫外線や、下着の締め付け、肌への摩擦、ホルモンバランスの乱れによって、新陳代謝の働きがうまく行かず、肌に留まってしまうことで黒ずみ(色素沈着)となってしまうのです。

まずは紫外線からお肌お守り、メラニンの生成を抑える対策から考えてみましょう。

紫外線対策といえば、最初に思い浮かぶのが日焼け止めクリームだと思います。

一概に日焼け止めクリームといってもいろいろな種類があります。

お肌のトラブルが起きて逆に黒ずんでしまったという人もいるのではないでしょうか?

そんなときは、日焼け止めに使用されている成分を見てください。

日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤を使ったものと紫外線散乱剤を使ったものとがあります。

  • 紫外線吸収剤とは・・・

紫外線を吸収して化学変化をおこすことで肌への影響を和らげる化学物質の事で、その化学変化によってお肌の敏感な方はかぶれなどのアレルギー反応がでてしまう事があります。

  • 紫外線散乱剤とは・・・

紫外線を反射させてお肌の影響を抑える物質の事です。

肌の弱い方や、肌の調子の悪いときなどは、紫外線散乱剤でもトラブルがおきる可能性もありますが、できるだけ紫外線吸収剤フリーのものを選ぶことが美白への近道になるのではないでしょうか。

 

美白化粧水の成分は要注意です

自宅で手軽にできる黒ずみケアはクリーム以外にも毎日のスキンケアを美白化粧水にする方もいます。

美白化粧水とは美白有効成分が入った化粧水のことを言います。

クリーム同様美白サポート成分、保湿成分が入っているものが主流です。

また、美白をアプローチするスキンケアにはアルコールが入っていることが多いので敏感肌の人はよく成分内容を確認することが大切ですよ。

アルコールとはエチルアルコールのとこでスキンケア成分にはエタノールと表記されることが多いです。

 

美白化粧水?!雪肌精について

美白化粧品として代表格のKOSEの雪肌精です。

人気の高い雪肌精の成分を見てみます。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分:精製水、エタノール、濃グリセリン、コムギ胚芽油、トウキエキス(1)、ハトムギエキス、ハマメリス抽出液、メロスリアエキス、酢酸dl-α-トコフェロール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、セスキオレイン酸ソルビタン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、無水エタノール、パラオキシ安息香酸エステル、香料
引用:雪肌精 https://www.kose.co.jp/sekkisei/product/detail/sekkisei.html

植物由来成分、和漢成分が豊富に使われていますので保湿成分が豊富に入っています。

しかし、残念ながら美白効果はありません。

美白有効成分が入っていないのです。

有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムのみで、これは抗炎症作用がはたらき美白には効果はないのです。

〇〇ホワイトや純白〇〇という名前はいかにも白い肌作り上げてくれるのではと期待してしまいます。

美白有効成分がきちんと書かれている商品を選びましょう。

どんなに有名化粧品でも注意してみてください。

 

黒ずみクリーム/美白ケアに効果が伺える成分とは

美白や美肌など女性が美しさを叶えるための商品はたくさん出ています。

せっかく手に取るならちゃんと効果の実感できる商品が欲しいですよね。

ここでは黒ずみケアのクリームによく使われている成分をご紹介します。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体

 

美白有効成分/ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニン色素を作るメラノサイトに対してとても効果的です。

メラノサイトの活性化を防ぐことでメラニンを作らせるのを防いでくれます。

皮膚の漂白剤と書かれている場合もあります。

ハイドロキノンは病院でも使われる美白成分です。

海外ではその高い効果が人気で大勢の患者さに用いられています。

市販で手に入れることも可能ですが、配合量が定められていいます。

濃度が高いハイドロキノンは体に悪影響(発がんなど)の報告もあるためです。

上限は5%未満としています。

黒ずみクリームに配合されている場合は敏感肌の人には刺激が強いため注意が必要です。

デリケートゾーンなど皮膚の薄い部位には使いません。

美白有効成分/トレチノイン

トレチノインクリームはビタミンA誘導体です。シミやしわの治療に用いられています。

体内のコラーゲンの生成をサポートする働きがあるため、若返りの治療としても人気があります。

トレチノインはメラニン色素を体外に排出する作用があり、肌再生の1ヶ月程度でキレイな皮膚になります。

また、ニキビ薬としても効果が期待できます。

効果を実感するには3ヶ月はかかります。

美白有効成分/トラネキサム酸

トラネキサム酸は抗炎症作用や抗出血作用があり肌荒れ改善約として使われています。

また肌トラブルを引き起こすプラスミノーゲンの活性を抑え肌の調子を整える効果もあります。

美白ケアにも人気が高く、特に肝斑というシミの治療薬に用いられています。

シミ・そばかす目的の人が多くトラネキサム酸を購入します。

また、黒ずみの原因ともなる紫外線によるメラニンの生成を抑える効果もあります。

外用薬、内服薬両方に使用されます。

副作用の報告がほとんどなく、安心して使用できる成分です。

美白有効成分/プラセンタ

プラセンタは動物の胎盤から出来ています。

美容面はもちろんのこと免疫力向上や肝硬変の効果もあります。

疲労回復には抜群の働きをするため受験生や多忙な社会人に評価されています。

プラセンタはシミやの改善や美白効果もあります。

ターンオーバーを正常に整える働きもあります。

黒ずみへの効果もトラネキサム酸よりは緩やかですが、時間をかけて効いてきます。

美白有効成分/ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCを壊さないように体内にうまく運ぶことができる成分です。

ビタミンCは美肌を求める女性なら誰でも必要な栄養素です。

コラーゲンの生成に一役買うすばらしい成分です。

ですが、熱に弱く壊れやすいという難点がありました。

そこでビタミンCに変化して皮膚に吸収しやすく体内に留まりやすくしたのがビタミンC誘導体です。

市販で売られている配合量は約1%です。病院などでは5%以上含まれるものを処方しています。

 

黒ずみクリーム美肌・美白に最適な食品

美白や美肌に用いられるのは、商品化されているクリームや美容ジェル、石鹸だけではありません。食品もそのひとつです。

中にはまったく効果のない都市伝説のような話もありますが、こちらでは美肌に良いとされる食品をいくつか紹介します。

ヨーグルトパックでピーリング・保湿

ヨーグルトパックというパックを聞いたことはありますか?名前の通り、普段私たちが食べるヨーグルトをパックとして利用するというものです。

ヨーグルトを食べるとき、表面に水のような液体があるのを見たことがあると思います。

この上澄み液は「ホエイ(乳清)」といい、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどが含まれていると言われています。

このホエイにはたくさんの栄養素が含まれています。ホエイには優れた保湿効果があり、お肌の潤いをキープしてくれる働きがあります。

また、ヨーグルトに含まれているフルーツ酸には古い角質を取り除いてキレイな肌へと導いてくれるピーリング効果があり、肌の新陳代謝を促進する働きがあるんです。

美白ケアやシミ、黒ずみニキビ対策にもなると噂のヨーグルトパックですが、パックを行う際に注意点があります。

ヨーグルトパックにはピーリング効果があるため、毎日行うと逆に肌を傷つけてしまうことになります。3日に1度くらいが良いでしょう。

 

栄養素の高いはちみつで美白ケア

美容家のikkoさんが自身の肌ケアに取り入れていると話題になったはちみつパックをご存知でしょうか?

はちみつにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンなど肌に良いとされる栄養素がたくさん含まれています。

殺菌作用もあり、ニキビ対策などにもなるそうです。

はちみつには空気中にある水分を吸収する性質があり、これがお肌の保湿につながると言われています。

はちみつに含まれるビタミンCにはメラニンを抑制する働きがあり、シミ、くすみ予防や美白ケアも期待できます。

また、ビタミンBには肌の新陳代謝を上げるといった効果があり、古い肌を新しい肌にしていくターンオーバーを促進させる働きがあります。

パックにつかうはちみつを選ぶポイントがあります。

加熱処理が施されたものや、砂糖が加えられた加糖タイプのはちみつもありますが、添加物の含まれていない純正のはちみつの方が肌に与えるダメージが少ないとされています。

 

リンゴ酢のピーリングと美白効果

海外のセレブが取り入れていると話題になった「リンゴ酢」を知っていますか?

現地ではメディアにも取り上げられるなど、人気の肌ケアとなっているようです。

酢はダイエット目的や健康のために生活に取り入れている方も多くいると思います。

「1日1個のリンゴは医者いらず」という言葉があります。

それはリンゴにも体に良いとされる栄養素が豊富に含まれているからなんです。

リンゴにはもともと美白効果があるといわれており、海外ではリンゴ酢を洗顔のあとに化粧水として利用することが人気のようですね。

リンゴ酢の抗菌作用にはアレルギー反応を和らげる働きがあり、肌が弱い方も利用できるそうです。

酢酸やヒドロキシ酸などの成分が含まれていて、毛穴汚れを除去したり、シワやたるみを防ぐ効果があると言われています。

また、肌を引き締め、ハリを出す効果も期待でき、スーパーなどでも手ごろな価格で入手できるのも人気の一つとなっています。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】保湿効果は植物由来を選ぼう

体のくすみを解消するために保湿力はとても重要です。

黒ずみで悩む部位、デリケートゾーンや乳首などは肌がとても弱く荒れやすいですよね。

だから体にやさしくて安全な植物由来のものを選ぶことが大切なのです。

植物由来成分とは、天然の植物から作られた成分です。

鉱物油や石油系の添加物の代わりに用いられることもあります。

天然由来は効果がなんか弱そうだな…と思われがちですがそんなことはありません。

肌トラブルも少なく効果を発揮してくれる強い味方なのです。

 

黒ずみクリーム肌の老化予防は保湿力が大切

一般的に20代後半になると老化が始まります。

  • スキンケアなどが合わなくなりやたら乾燥するのが早くなった
  • 笑ってできた法令線や目じりのシワが短時間で消えなくなった
  • 毛穴が開いてきた気がする
  • シミが目立つようになってきた
  • 化粧水が浸透しずらくなってきた

あてはまるものが一つでもあったら老化のサインかも知れません。

原因は

  • 長期間のストレス
  • 紫外線を浴び続けた
  • 冷えなど代謝が悪くなる血行不良
  • 体内の酸化と糖化

これらを繰り返すことにより肌の弾力やプルプル感をつくるコラーゲン線維やエラスチンそのほか若さを保つ成分が少なくなっていってしまいます。

また、新しい肌細胞が生まれ変わるターンオーバーの期間も長くなります。

28歳を過ぎるとターンオーバーは自分の年齢になっていく…と唱える人もいるほどです。

 

乾燥・敏感肌には保湿とバリア機能で選ぶ

老化が始まった肌には保湿も若い時と一緒ではいけません。

スキンケアも30歳を過ぎたらバリア機能の高い保湿メインのものを選ぶといいですよ。

乾燥もまた、意識的にケアをしないとどんどんカサカサになっていくだけです。

黒ずみクリームを塗るときも美白成分と同じくらい高保湿成分のものが入っているか確認しましょう。

肌の老化がはじまると、いままで健康だった肌も急にかぶれたり敏感肌になってしまう人は少なくありません。

油分をしっかり肌に届くものを選びましょう。

 

黒ずみクリーム/内側からの保湿ケアに効く食べ物

黒ずみケアに大敵なのが保湿です。保湿は外側からだけでなく内側からのアプローチも大です。

乾燥肌の原因は実は様々な理由があります。

  • ストレス
  • タンパク質不足
  • 腸内の環境が悪い
  • 合わないスキンケアをしている

生活習慣の乱れや間違ったスキンケアで肌は驚くほど簡単に乾燥肌になってしまいます。

これらは遺伝というよりは毎日の生活の中で作り出すものが多いでしょう。

なかでも直接私たちの栄養につながる食べ物の選び方はとても大切です。

ここでは、内側から保湿を期待できる食べ物についてご紹介します。

食品 サポート要素
こんにゃく こんにゃくには大人の肌の保湿に欠かせない「セラミド」が豊富に入っています。保湿の他に肌を紫外線の刺激から守ってくれます。
肉・魚などタンパク質 肉や魚、卵などのタンパク質は筋肉を作るだけではありません。健康でつややかな肌に必要なのはターンオーバーです。新しい皮膚に生まれ変えさせるのに必要な肌サイクルが正常でないと潤った肌にはならないのです。
ナッツ類 ナッツやアボカドには脂質が多く含まれています。脂質には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。ナッツはコレステロールを減らす良質な脂です。脂質が足りない体は当然潤いのないカラカラの乾燥肌に近づきます。
緑黄色野菜 緑黄色野菜は抗酸化作用が強いビタミン類が豊富にはいっています。体が酸化すると肌はたちまち乾燥やシミ、シワと老化していきます。
きのこ類 きのこは食物繊維がとても豊富です。とくに水溶性食物繊維は腸内環境をよくします。腸活とも言われますよね。腸内が健康じゃないと肌の色や状態も悪くなり、乾燥肌につながってしまうのです。

 

黒ずみクリーム保湿力が高い油分(オイル)の選び方

乾燥した肌の味方といえば、もう一つはオイルです。

その種類は動物性、植物性と様々ですが保湿にとても優れたオイルがたくさんあるのをご存知ですか?

ここでは、誰でも簡単に手に入れられやすい高保湿作用のあるオイルをご紹介します。

保湿性が高い:ホホバオイル

化粧品によく使われるオイルです。においは好き嫌いが別れます。

ホホバオイルは美肌とエイジングケアに最適なオイルです。

肌にハリをもたらし、高い保湿力で乾燥が原因のシワなどにも使われます。

また、マッサージオイルとしても使われています。

その他には殺菌作用もあることからニキビや毛穴の角栓にも使用されます。

ただし、アレルギーを引き起こす可能性があるので、敏感肌の人は使用は注意してください。

 

保湿性が高い:アボカドオイル

臭いがやや強いがオレイン酸で酸化しにくく使いやすいオイルです。

高い保湿力を持っています。一般的には肌を柔らかくする皮膚軟化作用として用いられるようです。

エイジングケアにも好んで使われています。抗炎症作用などもあり肌荒れにもおすすめしたいオイルです。

 

保湿性が高い:スクワラン

スクワランは動物性のものは深海鮫の肝油から抽出されたものですが植物性のものはオリーブオイルや米ぬか油などから採取されています。

スクワランは乾燥から肌荒れを守ってくれます。

保湿力も高く、ターンオーバを正常に整えるので黒ずみにも使用できます。

また、殺菌作用や抗炎症などにも働くのでニキビはもちろんのこと、使っている化粧品が合わなくてかぶれてしまった…という人にも役立つのです。

 

黒ずみクリーム 風呂

お風呂で体を洗う時も実は黒ずみのもとを簡単に作り出せてしまうのです。

皮膚の色素沈着は摩擦が大きな原因のひとつです。

「皮膚をこする」という行為は皮膚に刺激を与えてしまいます。

ボディタオルでもそれは同じことです。

「そんなに強く洗ってないけど…」と思う方もいると思いますが、素材に原因があることもあります。

くすみや黒ずみなどの色素沈着には肌への刺激が少ない綿が適しています。

ナイロン素材のタオルは素材が荒く敏感な肌を知らず知らず傷つけてしまいます。

また、できればデリケートゾーンや胸は素手で洗ったほうがいいです。

指の腹で摩擦が起きないように洗うのがベストといえるでしょう。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】美白保湿・デリケートゾーンケアの選び方


VIO、股ずれ、粘膜、ひだ、ビキニライン…デリケートゾーン周辺のくすみは女性の大きな悩みです。

美白ケア選びは本当に難しくてあちこちで意見もさまざま。

ここではデリケートゾーンのケアを病院の施術や内容、サロンで脱毛についてと、くすみができやすくなる原因についてご紹介していきます。

 

黒ずみクリーム/クリニックでおこなうデリケートゾーンの治療と処方薬

病院で黒ずみの治療を受ける場合は皮膚科、美容皮膚科、美容外科に行くのが一般的です。

  • 顔などのシミそばかす
  • 小鼻の周りの黒ずみ
  • ニキビ跡の茶くすみ、黒ずみ
  • ひじ、ひざのザラザラくすみ

これらは皮膚科に行く人が多いです。

  • 乳首の黒ずみ
  • 乳輪のくすみ
  • 胸周りのブツブツ
  • 脇の黒ずみ
  • デリケートゾーンの黒ずみ

これらは美容外科、または美容皮膚科に行く人が多いようです。

イメージとしては、ちょっと人にはいいずらい部位は美容外科などのほうが相談しやすいのだと思います。

また、病院でよく見かけるのは「美白セット」「美肌セット」といった肌をきれいにする薬のセットです。

もちろん単品でも用意されています。トラネキサム酸、ビタミンCなどがよく入っています。

 

皮膚科と美容皮膚科は何が違うの?

皮膚科と美容皮膚科、美容外科の違いを説明します。

皮膚科 主に保険範囲内の治療を行います。ニキビ、湿疹、イボ、アトピーなど。外用薬、内服薬で治療していくことがほとんど。
美容皮膚科 ニキビやかゆみなどで来院する人もいますが、シミ、黒ずみ、しわ、たるみなどの美容目的の治療が多いです。レーザーなどは美容皮膚で行うことが多いです。また、保険適用外の治療が多いです。美容注射なども人気があります。
美容外科 美容整形が一般的です。豊胸手術、ワキガ・多汗症手術から目の二重、顔のリフトアップなど。また、レーザー治療も一般的には取り扱っています。ほとんどのメニューで保険は適用されません。

 

インティマレーザーで黒ずみは消えるの?

インティマレーザーはおもに美容皮膚科で治療をおこないます。

陰部(小陰唇、膣周辺)への引き締め、黒ずみ改善を目的としたレーザー治療です。

黒ずみは乳首にも充てることができます。

尿漏れも防止することができるようです。

レーザーと聞くと激痛のイメージがありますが、インティマレーザーに関してはやけど、出血もなく痛みが少なく済みます。

治療法は引き締め、尿漏れはハンドピースを膣内に入れてレーザーを照射させます。

黒ずみ治療はくすんだ部分に麻酔クリームを塗りレーザーを当てて繰り返し照射させます。

度では完全に黒ずみ解消されることはないようです。

施術時間は麻酔を含めると20分程度の病院が多いようです。

 

サロンで脱毛すると美白効果もあるの?

サロンでデリケートゾーンの脱毛をする人が増えています。

サロンでは痛みの少ない医療レーザー脱毛から、光脱毛、ワックス脱毛などが主流です。

脱毛したからと言って美白作用があるかといえばそれはありません。

施術のときに最後にプラセンタエキスなどを塗るのですが、その時に美容液で引き締まり肌がキレイに見えるのだと思います。

黒ずみを解消したいなら、やはり毎日続けることが大切なのでクリーム、またはジェルなどをおすすめします。

 

黒ずみクリームデリケートゾーンの敏感肌の理由

デリケートゾーンは体の中で最も皮膚が薄い場所だと言われているのをご存知ですか?

角質層が6層しかないと言われています。

それは目元の皮膚よりもずっと薄いのです。

目元さえ、スキンケアをするときは手のひらでやさしく押し込むようにしますよね。

決して皮膚を引っ張らないとかなり気を使います。

デリケートゾーンの皮膚はそれ以上に気を遣わなくてはならない部位なのです。

黒ずみができてしまったデリケートゾーンをなんとかしたいなら、肌に一番負担のないものを選ぶのは鉄則です。

無添加、植物成分は必須です。

できることなら、アレルギーや肌トラブルの元になるので動物性原料をつかっていない商品を選びましょう。(コラーゲンやプラセンタなど動物性の原料を使用しているところはとても多いです)

 

 

【黒ずみクリーム/効果】一日でも早く!効率よく治す方法は?

デリケートゾーンなどの黒ずみに効くいろいろな方法を紹介します。

内側から治す考えもあるが、1日でも早く美白したいならクリームと併用が一番効率が良いですよ。

黒ずみを治すには黒ずみクリームなどの美白ケアが一般的です。

人気があるから!容器がカワイイから!安いから!即効性があるから!

なんて安易に購入すると、肌トラブルを招きかねません。

それどころかかえって皮膚の悪化にも繋がりかねません。

ここでは失敗しない選び方や色々な黒ずみのケア方法などを見ていきましょう。

 

黒ずみクリームを治す?美白サプリの選び方

肌を内側から明るくしたい人は美白サプリを飲む人もたくさんいます。

美白は飲む日焼け止めとして近年話題になっています。

出来てしまったくすみとこれからできるはずだった黒ずみやシミの予防に美白サプリは有効です。

よく使われている成分

  • L-システイン
  • ビタミンC
  • プラセンタ
  • アスコルビン酸
  • ローズヒップ
  • ラスベリーエキス

内側からのインナーケアは患部に直接塗ることができるクリームとは違い徐々に体の全体を明るくしていきます。

当然クリームよりサプリメントのほうが効果を実感するまでに時間がかかります。

 

黒ずみクリームくすみを治す対処法と選び方

黒ずみは出来たものを解消するのと、これ以上悪化させないように予防するものと両方の対処が重要です。

予防はクリームやサプリも大切ですが、素肌美人を作るのは普段の生活習慣の見直しをするほうが早いでしょう。

生活習慣で気をつけることや漢方なども次の章で紹介しているので参考にしてみてください。

出来てしまったくすみには、しっかり美白有効成分を使用してケアしなくてはいけません。

  • 病院で処方される内服液
  • 美白有効成分の入ったクリームやジェル
  • サプリメント
  • 抗酸化作用のある食べ物

どれも効果が期待できると思います。

しかし、一番はやく黒ずみを解消できるのはクリームやジェルです。

直接くすんだ部位に美白有効成分を塗り込むことが最短でキレイな肌になります。

口に入れるものは、効能は緩やかに効いてくるので最低でも半年は様子を見るようでしょう。

それだけ経済的にも差が出てくるので美白有効成分トラネキサム酸が使われているクリームは一番おすすめなのですね。

また選び方としてはデリケートゾーン専用のものがベストです。

人気のヴィエルホワイトやイビサクリームが美白ケアを最短で叶えますよ。

 

 

 

くすみを作らせないための予防法

普段からの予防もとても大切です。

黒ずみをケアすることも大事ですが、出来てしまった黒ずみは美白有効成分の入ったクリームやジェルに任せ、これ以上黒ずみをつくらせない皮膚にしましょう。

サプリや食事でも予防が可能ですが、いくらそれだけに気をつけていても毎日の生活を変えなければ効果も半減してしまいます。

  • サイズの合わないキツイ下着はつけない
  • 強いマッサージをしない
  • 体の一部に重心をおいて座ったり立ったりする癖をつけない
  • ホルモンバランスを乱さないように睡眠時間をちゃんととる
  • 血行不良にしないよう冷えを防ぐ格好をする

これだけ意識するだけでもかなりくすんだ部位はキレイになってきますよ。

 

黒ずみクリーム肌力低下を治すには漢方が活躍します

体のくすみは体調不良などでも強くなることが多いです。

免疫力が下がったり、疲労で血流が悪くなって肌トラブルも起こりやすくなります。

外側からはクリーム、内側からのケアには漢方が処方されることが多いです。

そこでここでは肌荒れによく使われる漢方を紹介します。

 

肌力低下を治す:十全大補湯

十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は漢方薬の1つです。

部分的というより、全身の調子を整え、体力をつけるために処方されたりもします。

主に疲労、貧血、寝汗、冷え、妊婦さんの産後の体力低下や疲労、貧血などに効果があるといわれています。

この十全大補湯に含まれる四物湯が乾燥による肌荒れや、不眠予防にもなるとされています。

また、医療用の十全大補湯は抗がん剤治療に用いられる薬などの副作用の軽減が期待できるとされ、処方されることがあるようです。

しかし、医療用の十全大補湯は子どもや妊婦さんにはあまり処方はされていないようです。

服用しやすい漢方薬としても知られ、お湯に溶かしてスープのように服用することもできるようです。

副作用として吐き気、発疹などが挙げられるそうなので、体に合わない人は使用を控えましょう。

 

肌力低下を治す:四物湯

四物湯(シモツトウ)という漢方薬はいまある様々な漢方薬の基礎となっている漢方薬です。

この漢方薬の成分には乾燥肌を潤したり、肌荒れ、シミなどにも効果が期待できるとされています。

また、冷え性や生理不順、妊婦さんの産後の体力回復などにも役立つと言われています。

また、生理不順や更年期、むくみを解消するとされている産婦人科の三大漢方薬と言われている当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)と飲み合わせとして処方されることもあるんです。

ツムラからも販売されており、薬局などでも手に入ります。

amazonでも取り扱われていて、手ごろな価格で購入することができます。

副作用として食欲がなくなる、お腹を下しやすくなる、吐き気などの症状が出る場合があります。

体に合わない人は使用を控え、服用する際は用量・用法を守りましょう。

 

肌力低下を治す:人参養栄湯

人参養栄湯(にんじんようえいとう)という漢方薬は、名前の通り人参をベースに調合された漢方薬のことです。

滋養強壮や血行を良くする成分が配合されていて、主に冷えや栄養面の健康状態の改善が期待できるとされています。

病気を患った後、手術を受けたあと、妊婦さんの産後の体力の低下、手足の冷えや寝汗などの症状に対して使われており、女性だけでなく男性にも処方されます。

また、自律神経の乱れを調整する漢方薬を補強するためにも処方されたりするようです。

体の冷えは不妊や更年期の症状を悪化させるとして、この漢方薬が用いられたり、妊婦さんはお腹の子供に栄養を分け与えるため、栄養価の高い人参養栄湯を処方することもあるようです。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】デリケートゾーンや気になる体の臭いケア

臭いを内側から治すという考えもありますが、1日でも早く美白したいならクリームと併用が一番効率が良いですよ。

黒ずみを治すには黒ずみクリームなどの美白ケアが一般的です。

人気があるから!

容器がカワイイから!

安いから!

即効性があるから!

なんて安易に購入すると、肌トラブルを招きかねません。

それどころかかえって皮膚の悪化にも繋がりかねないのです。

ここでは失敗しない選び方や色々な黒ずみのケア方法などを見ていきましょう。

 

黒ずみクリーム食べ物は臭いに効果がある

玉ねぎくさい、おりもの臭、においは体内からでるものが大きいです。

臭いをケアしたいなら、体の内側からのアプローチとして食べ物もとても重要です。

ここでは、食事で体の臭いが改善していけるものをご紹介します。

 

臭いを改善:めかぶ

めかぶはネバネバ食材代表の食べ物です。

腸内環境を整えるサポートをします。

めかぶ他にわかめ、モズクなのど海藻類はミネラルたっぷりに加えて水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は体の中から毒素を排出してくれます。

加齢や腸内環境が悪化すると体臭にも影響があるので内側からのケアとしてはおすすめです。

また、余談ですがメカブには脂肪燃焼の働きがあるといわれています。

ダイエットをしたい人も注網をしている食品です。

 

臭いを改善:発酵食品

発酵食品は体臭をなくしてくれるので積極的に摂りたい食品です。

腸内環境が整っていないと悪玉菌が増えてニオイの元になったり肌荒れの元になっていきます。

腸内をきれいにするには乳酸菌や酵母が多い発酵食品、食物繊維の多い食品を取るといいでしょう。

納豆・味噌汁・ヨーグルトなど

 

臭いを改善:緑茶

緑茶にも体臭効果があります。

緑茶に含まれる茶カテキンには抗酸化作用がとても強いです。

殺菌力も持っているので口臭予防にも役たちます。

また、毎日飲むことで体臭以外にも美肌効果が期待できます。

抗酸化作用があるということは、体のサビを予防するということですから、エイジングケアにも期待が持てます。

毎日飲むといっても量はどれくらい必要なのでしょうか。

目安としては1日3杯ほど。

ペットボトルのお茶なら1本強くらいです。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】皮膚の大敵肌荒れについて

肌が荒れている状態、「肌荒れ」とはどのような状態をいうのでしょうか。

肌荒れは皮膚のトラブル全部くるめての総称です。

かゆみ、赤み、吹き出もの、ブツブツ、カサカサ、ベタベタなど皮膚が不快なことを指します。

黒ずみとはどのような関係があるかというと、肌荒れの原因は紫外線や乾燥、腸活がうまく出来ていなかったりすると肌荒れを引き起こします。

保湿力が低いとさらに肌の状態は悪化します。

すると当然黒ずみ発生にも影響が出ます。

乾燥して荒れた肌はますます敏感になり摩擦が起きやすいのです。

色素沈着の改善もターンオーバーが乱れたままでは1ヶ月では整いません。

 

肌荒れを改善すると黒ずみクリームの効果も高まる

黒ずみで肌荒れがおきても改善が期待できるクリームの選び方を説明。

改善策としては、一番は肌荒れを治すことです。

しかし簡単に肌をキレイにする方法はありません。

美白に近づけるには時間がかかるのです。

そこで、少しでも肌荒れを防ぐために、保湿を強化することをおすすめします。

皮膚が潤っていれば摩擦の強さも軽減されますし、クリームの効果も高まります。

肌に合うものを探して保湿を意識するといいでしょう。

 

 

ターンオーバーに期待ローズヒップ

ローズヒップはマルチに使えるハーブです。

お茶にしたり、香水、ポプリにしたり、スキンケアに使えたりと様々な場所で利用されています。

オイルにしたローズヒップは少し独特なにおいがします。

酸化に弱く保管は涼しいところで日光を避けなければなりません。

美白ケアとしても使われています。

ローズヒップ自体に美白有効成分はないのですが、肌の再生に優れています。

結果的にくすみやシミなどを早く生まれ変われさせるのため肌を明るくしてくれるのです。

しわを目立たせなくするエイジングケアにも優れた効果を発揮します。

浸透力や保湿力はあまりよくありません。

 

万能薬ヴァセリン

ヴァセリンは万能薬として大変人気があります。

顔が乾燥したとき、かかとが角質で固くなってしまったとき…

色々な症状に使用できます。

ヴァセリンの役目は乾燥した肌を守ることです。

皮膚の上に厚い保護膜を作って肌荒れを防いでくれます。

唇のヒビ割れ、指のパックリ割れ、目元の乾燥などに大変機能します。

つけ心地はベタつきが強いのであまりつけごこちが良いとは言えません。

それなら、さぞ保湿で肌も潤うように感じますよね。

しかし、ヴァセリンは皮膚への浸透はよくありません。

強い油分で皮膚表面を守ってくれますがその奥の角質層にまでは入っていかないのです。

ヴァセリンは肌荒れには優れていますが角質まで潤いを浸透させる商品ではないです。

洗顔後にヴァセリンだけ塗るという方もたまに耳にしますがエイジングケアには不向きです。

また、粘膜に近いデリケートゾーン周辺に保湿目的で使用するのはやめたほうがいいでしょう。

 

老化のたるみにアプリコット油

アプリコット(あんず)はいい香りのするイメージですがオイルは香りがほとんどしません。

浸透力もよくすべての肌質に使用できます。

エイジングケアとしても使われています。

ベタつかずさらりとした使用感なので、フェイシャルマッサージやヘッドマッサージには最適です。

また、オレイン酸が多く含まれ肌再生も促してくれるのでくすみにも使用できます。

 

日焼け・かぶれ肌荒れ対策にオリーブオイル

モクセイ科の植物で熟した実の香りがいい香りがします。

酸化しにくいのが特徴で料理にも幅広く使われています。

便秘や肌荒れには直接飲むことで症状が改善することもあります。

アボカドオイルと混ぜることで日焼け対策になります。

オリーブオイルは保湿効果の他にも皮膚の炎症にも使用できます。

かゆみ、やけど筋肉痛など肌のトラブルに関して利用されています。

 

黒ずみクリームを治すための漢方ってあるの?

黒ずみクリームやスキンケアなどでもよく用いられている有効成分グリチルリチン酸。

グリチルリチン酸のように漢方が肌荒れに使われていることはよくあります。

内側から肌荒れ改善することは黒ずみのもと色素沈着にもとても効果があるのです。
(ターンオーバーが正常かされて最短で肌が生まれ変わるからです)

 

肌荒れケア:当帰芍薬散

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は主に体の冷えなどからくる不調や、更年期障害、生理不順などの症状を改善するとして使います。

産婦人科の三大漢方薬と言われています。

この漢方薬は血行促進効果があると言われており、体をあたため、様々な症状を改善するようです。

更年期障害のほかにも、下痢、胃痛、耳鳴り、また妊婦さんの産前や産後の貧血やめまい、むくみなども解消すると言われています。

不妊症の症状にも用いられていて、妊活をしている方なども服用することがあります。

産婦人科のほかにもツムラの漢方薬など、薬局で市販されている薬なので手ごろな価格で購入することができます。

主に婦人科系の諸症状に用いられる薬ですが、食欲不振や発疹などの副作用が出る場合があります。

体に合わない人は使用を控えた方がよいでしょう。

 

肌荒れケア:加味逍遙散

産婦人科の三大漢方薬のひとつ加味逍遥散(かみしょうようさん)です。

主に肩こり、更年期障害や生理不順など、女性特有の症状によく使用される漢方薬です。

また、体の健康だけでなくイライラ、めまい、ストレスからくる頭痛、ニキビや肌荒れなど症状にも効果があると言われています。

産婦人科で処方される他に、ツムラ、クラシエなどからも販売されており、薬局などで市販されているため入手しやすくなっています。

副作用としてむくみなどが挙げられるそうなので、合わない人は使用をやめる、用量・用法を守って服用することが大切です。

 

肌荒れケア:桂枝茯苓丸

産婦人科の三大漢方薬に桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)というものがあります。

また、この桂枝茯苓に薏苡仁(ヨクイニン)を加えた桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)という漢方薬もあります。こ

の漢方薬は赤ら顔、足の冷え、更年期障害、生理不順、下腹部が張りやすいなどの症状の改善が期待できるとされています。

また、体の不調だけでなく、シミ、肌荒れ、しもやけなどの肌トラブルの治療にも用いられるそうです。

慢性的な血行不良の方の治療にも処方されることがあります。

男性にも使用する方はいますが生理不順や子宮筋腫の治療などにも効果があるとされ男性よりも女性に処方されることが多いようです。

副作用としては発疹、黄疸が出る場合があるようなので、体に合わない人は使用を控えた方がいいでしょう。

 

 

【黒ずみクリーム/効果】毛穴のケア/くすみ・角栓・エイジングにも

鏡をみたときに、特に鼻の頭や小鼻の毛穴が黒くプツプツしているのが気になる人は多いと思います。

毛穴の黒ずみには大きく分けて、毛穴が詰まって黒くなっている状態と毛穴自体に色素沈着してしまっている状態があります。

毛穴の状態をよく確認してから、どのようなケアが必要なのか選択する必要があるのです。

どちらの状態にせよ、まずはお肌(毛穴)にできるだけ負担をかけないことが大切です。

 

黒ずみクリーム/毛穴トラブルの原因

毛穴の黒ずみには、毛穴の詰まりによる黒ずみと、毛穴自体の黒ずみがあります。

特に気になる場所は、鼻の頭や小鼻ではないでしょうか?

ではなぜ鼻には毛穴の黒ずみができやすいのでしょうか?

それは、皮脂の分泌が大きく関係しています。

鼻を触ってざらざらしている状態ははとほとんどが、毛穴の詰まりによるもので、毛穴に角質と皮脂や汚れが混ざった角柱が詰まっている状態です。

特に鼻には皮脂腺が多く、間違った洗顔方法や、摩擦、ホルモンバランスの乱れなどで皮脂の分泌量が増え、角柱が詰まりやすいのです。

また、毛穴自体の黒ずみはメラニンによるものです。

メラニンは紫外線や摩擦によって出来やすく、鼻は紫外線の影響を受けやすい部分なので、黒ずみがうまれてしまうのです。

では毛穴の黒ずみにはどのような対策が必要なのでしょうか?

まず、いちばん大切なのは、メイクを早く落とすことです。

メイク汚れは、毛穴の黒ずみに大きく関わっています。

帰宅後は、すぐにメイクを落とすようにしましょう。

メイクを落とすのも、強く擦りすぎないように優しく行ってください。

メイク落としは十分に使用するようにしてください。

少なすぎるとお肌への負担がかかりやすくなってしまいます。

そして、洗顔も泡をしっかりと立て泡で顔を洗うような感覚で優しく洗って下さい。角

質による黒ずみが気になるときは、スクラブ入洗顔が有効です。スクラブ入り洗顔も、同じように優しく洗って下さい。

洗顔後は、皮脂の分泌を整えるためにも乾燥させないよう保湿をしっかりと行ってください。

色素沈着して黒ずんだ毛穴には、美白クリームが有効です。

まず、綺麗に整えたお肌に美白クリームを続けることで、効果も出やすくなると思います。

どちらの状態の黒ずみにも、正しい洗顔と保湿ケアが大切です。

顔の色素沈着やシミ・毛穴汚れの改善はクレンジングや洗顔で除去できる?

顔は肌の中でも毛穴の皮脂が詰まりやすい部位です。鏡で確認してみてください。

毛穴の周りにブツブツが出来ているのは角栓詰まりの証拠です。

クレンジングや洗顔料などで余分な皮脂汚れをしっかり取り除いてあげましょう。

ただし洗いすぎは禁物。乾燥させないように保湿も忘れないようにしましょう。

顔のシミは原因は様々です。

  • 老人性色素斑(過剰なメラニン色素生成やターンオーバー遅滞によるもの)
  • 肝斑(女性ホルモンの乱れによってできる)
  • 炎症後色素沈着(傷などの炎症でメラニン色素が活性化して増加したもの)

などその他多数。シミの原因は正しく見極めそれぞれに適切なケア、治療が必要になります。

もちろん洗顔では除去できません。

ひげみたいに見える口周りの黒ずみはどうしたら治る

一瞬ひげみたいに見える口周りの黒ずみはどうしたら消えてくれるのか悩んでしまいます。

中学生くらいまでに見られる黒ずみは毛穴汚れが原因でしょう。

子供の時期は皮脂の分泌が多いです。

そのため毛穴ケアがきちんとできないとひげのように黒ずんでしまいます。

一方、大人の口周りの黒いくすみなどは肝斑が原因であることが多いようです。

肝斑はホルモンバランスの乱れにより引き起こすとされます。

シミだけじゃなくブワーっとできる口のくすみも肝斑によるものが多いのです。

漢方などでは、冷えからくる場合もあると考えられています。

対策としては、トラネキサム酸を用いたクリームや薬が主流です。

目の周りの黒いくまや色素沈着のお手入れ方法

目じり、目元など目の周りの黒ずみは女性はとても気にしてしまいますね。

クマのようにくすみ、くぼんで見えると実年齢よりも老けた印象になってしまいます。

目の周りの皮膚はとても薄くできています。それを少しこするだけで摩擦で色素沈着が起こります。

また血行不良も一つの原因です。女性はメイクをするので、男性よりもくすむのは当然と言えるかもしれません。

お手入れ法としては、保湿を十分にすることと冷やさないことです。

保湿力の高いスキンケアを選び、目の周りをタオルなどで温めると改善されていきます。
メイクを落とす時も強くこすらないように心がけてください。

ボコボコが気になる!鼻の毛穴汚れのケア

鼻の黒ずみは毛穴の角栓によるものです。

鼻は顔の中でも特に皮脂量が多く詰まりやすいのです。

いちご鼻なんて呼ばれているものも毛穴の角栓詰まりのせいです。また、ニキビもできやすいです。

毛穴が広がりやすい分、中に黒ずみが溜まってしまいます。

毛穴汚れのケアとしては、洗顔が大切です。細かいふんわり泡の石鹸でやさしく洗うのがポイントです。

こすりすぎるとかえって悪化します。

洗顔後は水分をしっかりとあたえましょう。

油分の多いクリームは避けましょう。

また、よく毛穴パックをする人がいますが敏感肌の人にいはおすすめしません。

皮脂や角質がとれずぎるからです。

肌を痛める恐れがあるので注意してください。

 

黒ずみクリーム/スクラブは毛穴ケアに効果あるの?

古い角質の除去や黒ずみ対策といえば、スクラブが思い浮かびますよね。

顔の毛穴の黒ずみ、肘や膝などボディ用などスクラブの入った美容アイテムは沢山あります。

顔の毛穴の黒ずみにはスクラブ入り洗顔が有効です。

毛穴のざらざら(角質)も除去してお肌も柔らかくなめらかな状態にしてくれます。

スクラブ洗顔をするときの注意点としては、強くこすりすぎないという事と、洗顔後の保湿をしっかりする事があります。

強くこすり過ぎると肌が傷つく事があるので、気になる部分を優しく洗うようにしましょう。

そして、洗顔後は角質を除去した為に、いつもよりも皮脂の出やすい状態になっているので、しっかりと保湿するようにしてください。

スクラブ洗顔をした日にはパックをするなどスペシャルケアの日にするのも良いと思います。

ボディスクラブも同じで、肌の角質を除去しお肌を柔らかい状態にしてくれます。

黒ずみにも効果的なのですが、デリケートゾーンなど、あまり強く擦りすぎと黒ずみを促進してしまうことがあります。

週に1~2回までの使用にしましょう。

そして、必ず保湿してください。

美容液やクリームなども浸透しやすい状態になるので、美白クリームなども併用するとより効果的です。

膝小僧などの手ごわい黒ずみには特にスクラブと美白クリームの併用がおすすめです。

 

食べ物で毛穴ケア:ごま油

ここでは食べ物でできる毛穴ケアについてご紹介します。

インドの伝統医学”アーユルヴェーダ”で若返りのオイル、健康を守るオイルとして重宝されているごま油。

このごま油を美容に取り入れることが最近注目されているそうです。

このごま油は普段料理などに使っている方も多いと思います。

ごま油には大きく分けて3つの種類があり、焙煎ごま油、白ごま油、低温焙煎ごま油があります。

美容に取り入れるために使うのは「白ごま油」で、スーパーなどで買うことができます。

この白ごま油にはゴマリグナンという成分が豊富に含まれており、優れた抗酸化作用があり、お肌の保湿やデトックス効果が期待できるようです。

白ごま油はホルモンバランスの調整、デトックス作用、保湿、血行促進などの効果があると言われています。

頭皮マッサージに取り入れると白髪や抜け毛の予防になったり、髪にコシを与えるという話もあります。

しかもたくさんの効果があるだけではなく、うがい、クレンジング、マッサージ、シャンプーにも取り入れることができ、期待する効果によって様々な使い方があるようです。

 

食べ物で毛穴ケア:ゼラチン、塗る

ヴィクトリアズ・シークレットのモデルであるカーリー・クロスさん。

彼女がゼラチンの自作パックを使っているという話が話題になりました。

ゼラチンは安価で入手しやすく、取り扱っているお店も多いためよく目にする食品です。

このゼラチンにはコラーゲンが多く含まれており、固まるという性質があります。

この性質を活用し、パックとして利用することがあるそうです。

パックといってもただゼラチンを肌に塗るのではなく、豆乳や牛乳を混ぜて使用するのが主流のようです。

牛乳にはタンパク質が多く含まれていて、古い角質を取り除くピーリング作用があり、美白効果も期待できます。

これとゼラチンの固まる性質を利用し、角栓をごっそりと取り除く効果があるようです。

毛穴がスッキリすると噂されるゼラチンパックですが、ピーリング効果があるため毎日行わないというのが注意点となります。

 

食べ物で毛穴ケア:レモン

世界のセレブ達や医者が健康維持や美容に役立つとオススメする果物があります。

ビタミンCがたっぷり含まれているレモンです。

数字で表すと可食部が100gでビタミンCが約100mg、果汁100gでビタミンCが約50mg含まれているといわれています。

ビタミンCを多く含むといわれる食べ物はレモンの他にもイチゴやパプリカなどがありますが、レモンは果物の中でも1gあたりに含まれるビタミンCが多い方に分類されます。

また、ビタミンCの他にもクエン酸が多く含まれています。

清掃にも使われるクエン酸にはしつこい汚れを落とす効果があります。

このクエン酸が古い角質を除去する働きをするため、いちご鼻をキレイにしたり、黒ずみケアも期待できるそうです。

使い方としては飲み物のポッカレモンを化粧水として使ったり、重曹と混ぜ合わせてパックとして使う方法などがあるようです。

レモンは酸性度が高いため、敏感肌だったり怪我をしている個所には使わない、肌が強くても毎日は使用しないというのが注意点となります。

 

黒ずみクリーム/ 美顔器は毛穴・美白にいいの?

肌を明るくしたい女性に家庭用の美顔器も人気がありますね。

特にパナソニックから発売されている美顔器は保湿効果が高いと好評です。

今回は、毛穴ケアとフェイススチーマーの黒ずみ効果を検証します。

スチーマーナノケア

目的:ナノサイズの温スチームで顔を柔らかく包み保湿する。
冷ミストで肌の隅々まで引き締めて整える。
期待できる効果:温:角質層まで潤いを浸透させて肌にハリ感をもたせる。
冷:肌あたり感やさしく。

パナソニックHPより参照美白効果ある?

スチーマーには美白効果はありません。

保湿と引き締めがおもな効果です。

肌を温めて毛穴を開き汚れが出てきやすくなりますので顔全体を明るい印象にすることは可能です。

使用する精製水には美白成分は含まれていません。

別売りでアロマタブレットも入手できます。

 

毛穴洗浄 角栓クリア

パナソニックHPより参照

目的:毛穴に詰まった角栓や汚れを吹き飛ばす。毛穴が目立ちにくい肌にする。

効果:毛穴に詰まった角栓をやわらかくする。化粧ノリのいい肌へ導く。

美白効果はある?

毛穴洗浄には美白効果はありません。

スチーマー同様に美白成分のふくまれていない水を使用します。

 

美顔器は黒ずみを根本解決できない

美白効果を求めるなら、しっかり美白有効成分が入った黒ずみクリームが結局は近道ですよ。スチーマーや水洗浄は明るく見えるだけで、根本的な解決はしていないのですから。

例えば黒ずみクリームのヴィエルホワイトのように通販ではもちろん、人気の美容皮膚科でも使用されているのはやはりトラネキサム酸なんです。

効果がちゃんとあって最短で美白ケアできる商品を選んでくださいね。

 

 

コメント